医学部新設 東北薬科大、選定から一ヵ月

東北へ新設される大学医学部の設置者に決まった東北薬科大(仙台市青葉区)が、6県に働き掛けて設置する「運営協議会」(仮称)の枠組みの素案がまとまったことが3日、関係者への取材で分かりました。

構成メンバーは各県の関係者ら40人規模に上り、10月下旬に仙台市内で初会合を開く予定です。薬科大は成案を固めた上で、近く正式に参加要請する見通しとのことです。

薬科大の堀田徹事務局長は河北新報社の取材に対し、素案について「調整中としか言えない」と説明しています。宮城県、県医師会は「正式な参加要請が来ていない」と話しており、はっきりしない状況が続いています。

 

2014/10/03 河北新報

薬科大は、直近の焦点である「運営協議会」(仮称)の枠組みづくりに全力を挙げる。この間に浮かび上がってきたのは、文部科学省の積極関与と地元自治体である宮城県の消極姿勢だ。


医学部関連ニュース

  • ベンチャー企業が新技術で新型コロナウイルスのワクチン開発

    新型コロナウイルスに対しては、ウイルスの遺伝子の一部や、人工的に作った「抗原」と呼ばれるたんぱく質を使う新しい技術によるワクチンの開発が進められています。 東京に本社がある「アイロムグループ」のバイオベンチャー企業、「I […]

医学部受験特集記事

  • 「節田佑介のレベルアップ!医学部の化学理論編」発売

    代官山メディカルの人気講師である「節田佑介」先生が,医学部受験生向けに参考書を出されました。 受験化学に必要な理論の分野(化学I・II)を7章61講に分類し、各講をLv.A(基礎)・B(標準)・C(応用)に分類。必要な知 […]

  • 「代官山メディカル」の石井学院長にお話を伺いました

    「代官山メディカル」の石井学院長に、予備校のカリキュラムや特色などについてお話を伺いました。 Q 「代官山メディカル」のカリキュラムの特徴を教えて下さい。  当校は難関私立医学部合格を果たすMコース、1年でなにがなんでも […]

資料請求はこちら