フェラーリ=F1のエンジニアらが病院向け人工呼吸器を開発ー新型コロナ

イタリアの自動車メーカーであるフェラーリは、新型コロナウイルスの感染拡大でイタリア国内の病院で重症患者が使う人工呼吸器が不足していることから、同国の技術研究所と共同でことし3月から医療機関向け人工呼吸器の開発を進めていました。同社は、このほど人工呼吸器の試作品が完成したと発表しました。

開発には、同社F1チームのエンジニアらが加わって設計などを担当し、わずか5週間で試作品の完成にこぎ着け、生産コストは既存の医療用人工呼吸器よりおさえているのが特徴だということです。

また中規模集中治療室での需要を満たせるよう設計されたこの人口呼吸器は、信頼性や汎用性が高く、使用も組み立ても簡単だといいます。

試作品の設計データは無償で公開され、イタリアやアメリカの企業がそのデータを活用して人工呼吸器の生産を検討しているということです。

フェラーリはことし3月から今月上旬までスポーツカーの生産ラインを止め、その代わりに人工呼吸器のバルブや防護マスクの付属品などの生産にあたっていました。

新型コロナウィルス感染症が世界的に広がるなか、重症化して人工呼吸器が必要になる患者も増え、欧米ではどの患者を優先するか、死に直結する究極の選択が迫られています。日本国内では現状では人工呼吸器が不足する状況ではありませんが、前例のない危機への備えが必要、との専門家の指摘があります。

イタリアのスポーツカーメーカー「フェラーリ」は自動車レースの最高峰、F1のエンジニアらが国の研究所と共同で新型コロナウイルスに感染した重症患者の治療に欠かせない人工呼吸器を開発したと発表しました。設計データは無償で公開され、今後生産が始まります。
NHK2020/05/16

医学部関連ニュース

  • ベンチャー企業が新技術で新型コロナウイルスのワクチン開発

    新型コロナウイルスに対しては、ウイルスの遺伝子の一部や、人工的に作った「抗原」と呼ばれるたんぱく質を使う新しい技術によるワクチンの開発が進められています。 東京に本社がある「アイロムグループ」のバイオベンチャー企業、「I […]

医学部受験特集記事

  • 「節田佑介のレベルアップ!医学部の化学理論編」発売

    代官山メディカルの人気講師である「節田佑介」先生が,医学部受験生向けに参考書を出されました。 受験化学に必要な理論の分野(化学I・II)を7章61講に分類し、各講をLv.A(基礎)・B(標準)・C(応用)に分類。必要な知 […]

  • 「代官山メディカル」の石井学院長にお話を伺いました

    「代官山メディカル」の石井学院長に、予備校のカリキュラムや特色などについてお話を伺いました。 Q 「代官山メディカル」のカリキュラムの特徴を教えて下さい。  当校は難関私立医学部合格を果たすMコース、1年でなにがなんでも […]

資料請求はこちら