「代官山メディカル」の石井学院長にお話を伺いました

「代官山メディカル」の石井学院長に、予備校のカリキュラムや特色などについてお話を伺いました。

Q 「代官山メディカル」のカリキュラムの特徴を教えて下さい。

 当校は難関私立医学部合格を果たすMコース、1年でなにがなんでも私立医学部合格を果たすBコース、そして国公立医学部合格を果たすMzコース、また完全1対1個別指導のDpコースの4コースをご用意しております。すべてのコースで1クラス8人以下の少人数制で、1日12時間、サボれない環境で、徹底指導してまいります。

  朝イチからの正規授業とその週テキストで扱った問題を毎日復習していく夜間個別指導、しっかり1週間の復習が身になっているかを確認するWeekly Test、さらに合格判定基準となるマンスリーテストなど、飽きさせないカリキュラムとなっております。1日単位、1週間単位、1ヶ月単位で明確な指導内容をあらかじめ決めて、一人ひとりに合った対応をいたします。

Mコース・・・難関私立医学部合格

医学部の過去問を徹底的に演習・詳細解説します。きめ細かな添削指導に加え、生徒一人ひとりに対し、解法のアプローチから、失点の癖の矯正まで指導します。実戦的な演習量の多さで、どんな問題へも辛抱強く対応できる実力を身につけ、今年で正規合格を勝ち取れるよう親身に指導していきます。

Bコース・・・1年でなにがなんでも私立医学部合格

一人ひとりの理解力・知識定着度を先生が把握できる人数で授業を行います。授業中でも授業外でも疑問点を即解決できるので、「やったつもり」「わかったつもり」を解消できます。先生が親身にノートのチェックや確認をしてくれるから、無駄のない勉強法が身につくのです。1学期は徹底的に基礎の基礎を仕上げていきます。

Mzコース・・・国公立医学部合格

昨年度のセンター試験結果をもとに、限りなく満点を目指す講義と単元別のきめ細かい演習量で合格への自信をつかみます。難問ばかり取り組まず、わずらわしい計算問題や単語力の強化なども重視し、各科目やるべき分野・箇所を具体的に指導していきます。「正解」に至るプロセスを大切にし、大切なポイント事項を長期記憶できるようなチュートリアル方式で難関国立医学部突破を果たします。医学部受験においてトップレベルの環境が合格をサポートします。

Dpコース・・・完全1対1個別指導

一人ひとりに最適な思考プロセスを構築していきます。個別指導の授業で、それぞれの生徒の思考プロセスを指導の過程で的確に見抜き、各々に合わせた解説・解法で授業を行い、志望大学に合格できる最適な思考プロセスに修正し、短時間で定着させます。また、個人の学力に合わせた時間割を作成いたします。苦手科目中心型や弱点教科型など勉強のウェイトを考慮し、効率的なカリキュラムをもとに作成されます。また、朝型中心という生活をととのえるメニューもあります。

Q夏休みには特別な講座が開講されるのですか?

  代官山MEDICALの夏期公開単科講座は、代官山MEDICALが誇る実力人気講師たちが、生徒たちが不得意になりがちで、かつ、医学部合格に必要不可欠な単元を講義していきます。その講座の開講レベルも多様に用意させていただいており、基礎の穴を埋める講座から医学部入試問題を利用した医学部入試直結型の講座まで、それぞれの現在の学力レベルにあう講座が選択できるようになっております。きっと夏期でどうにかしたいと思っている科目や単元の講座が開講されているはずです。

 詳しい開講講座内容は当校ホームページをご覧ください。

http://www.daikanyama1999.com/

Q最近は医学部入試の変更が多いですが、最新情報は入手できますか?

 毎年、本校は医学部入試担当者に来校いただき入試ガイダンスを校内生向けに開催しております。昨年は昭和大学医学部の太田教授、東海大学医学部の原先生などにご来校いただきました。ガイダンスでは、学校説明や入試概要などをお話いただきました。

 特に生徒達から人気が高かったのが質問対応。どちらのガイダンスでも個別に質問対応をしていただき、沢山の質問に答えていただきました。特に、東海大学医学部のガイダンスでは、昨年度導入された面接についてや、一般入試の定員増について生徒たちから質問がとびました。ご担当の原先生からも丁寧にご回答いただき、安心して受験に臨むことができたようです。

 このように、生徒一人ひとりに対応いただき、少人数ならではのアットホームな入試ガイダンスとなりました。どのガイダンスも生徒たちは真剣な面持ちで、お話をうかがっていて、受験に対するモチベーションがさらに上がったようです。毎年、卒業生からもガイダンスに出席して進学したい気持ちが一層大きくなったと話してくれる生徒も多くいます。

 本年は、昨年度とおなじく昭和大学医学部、東海大学医学部のご担当者様が来校されるほか、日本医科大学の入試ガイダンスも実施される予定になっております。

渋谷駅から数分のロケーションですが、代官山メディカルがある桜丘町は大学や専門学校が立ち並ぶ文教地区で、非常に静かな場所でした。最近は医学部の入試制度や定員が毎年変更されるので、実際に大学の先生方が予備校へいらして説明会を開催してくださるのは非常に心強いですね。


医学部関連ニュース

医学部受験特集記事

  • 「節田佑介のレベルアップ!医学部の化学理論編」発売

    代官山メディカルの人気講師である「節田佑介」先生が,医学部受験生向けに参考書を出されました。 受験化学に必要な理論の分野(化学I・II)を7章61講に分類し、各講をLv.A(基礎)・B(標準)・C(応用)に分類。必要な知 […]

  • 「代官山メディカル」の石井学院長にお話を伺いました

    「代官山メディカル」の石井学院長に、予備校のカリキュラムや特色などについてお話を伺いました。 Q 「代官山メディカル」のカリキュラムの特徴を教えて下さい。  当校は難関私立医学部合格を果たすMコース、1年でなにがなんでも […]

  • 2012年度 医学部入試解答速報【YMS】

    YMSのホームページにて解答速報が公開されています。 YMSでは2012年医学部入試解答速報をWEBにて即時公開しております。 二次対策も行っています!お気軽にお問合せください。 http://www.yms.ne.jp […]

お問い合わせはこちら