史上最年少でシカゴ大医学部卒業 21歳矢野さん

「天才少年」として知られる米シカゴ大の矢野祥さん(21)が9日、同大学開校以来の最年少で医学部を卒業した。9歳で地元のロヨラ大に入学、12歳で卒業、同年に名門シカゴ大大学院に進み18歳で生物学博士号を取得という驚異の学歴を持つ「祥はおそらく世界で最年少の生物学と医学のダブル博士号の保持者」(シカゴ大学)。卒業後はシカゴ大学付属病院の小児科で研修医になる。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG11001_R10C12A6CR0000/

飛び級が凄まじい方ですね。


医学部関連ニュース

  • ベンチャー企業が新技術で新型コロナウイルスのワクチン開発

    新型コロナウイルスに対しては、ウイルスの遺伝子の一部や、人工的に作った「抗原」と呼ばれるたんぱく質を使う新しい技術によるワクチンの開発が進められています。 東京に本社がある「アイロムグループ」のバイオベンチャー企業、「I […]

医学部受験特集記事

  • 「節田佑介のレベルアップ!医学部の化学理論編」発売

    代官山メディカルの人気講師である「節田佑介」先生が,医学部受験生向けに参考書を出されました。 受験化学に必要な理論の分野(化学I・II)を7章61講に分類し、各講をLv.A(基礎)・B(標準)・C(応用)に分類。必要な知 […]

  • 「代官山メディカル」の石井学院長にお話を伺いました

    「代官山メディカル」の石井学院長に、予備校のカリキュラムや特色などについてお話を伺いました。 Q 「代官山メディカル」のカリキュラムの特徴を教えて下さい。  当校は難関私立医学部合格を果たすMコース、1年でなにがなんでも […]

資料請求はこちら