がん幹細胞:腫瘍形成能力を無力化 山大医学部などが薬剤を発見 5〜7年後の実用化目指す /山形

山形大医学部と国立がん研究センターの共同研究チーム(代表・北中千史山形大教授)は19日、悪性脳腫瘍のがん幹細胞を腫瘍形成能力がない幹細胞に変える効果がある薬剤を見つけたと発表した。研究が進めば、悪性脳腫瘍の再発を防ぐ有力な治療法になると期待される。

http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20120720ddlk06040024000c.html

すごい発見です。

cheap microsoft software download

765qwerty765

医学部関連ニュース

  • ベンチャー企業が新技術で新型コロナウイルスのワクチン開発

    新型コロナウイルスに対しては、ウイルスの遺伝子の一部や、人工的に作った「抗原」と呼ばれるたんぱく質を使う新しい技術によるワクチンの開発が進められています。 東京に本社がある「アイロムグループ」のバイオベンチャー企業、「I […]

医学部受験特集記事

  • 「節田佑介のレベルアップ!医学部の化学理論編」発売

    代官山メディカルの人気講師である「節田佑介」先生が,医学部受験生向けに参考書を出されました。 受験化学に必要な理論の分野(化学I・II)を7章61講に分類し、各講をLv.A(基礎)・B(標準)・C(応用)に分類。必要な知 […]

  • 「代官山メディカル」の石井学院長にお話を伺いました

    「代官山メディカル」の石井学院長に、予備校のカリキュラムや特色などについてお話を伺いました。 Q 「代官山メディカル」のカリキュラムの特徴を教えて下さい。  当校は難関私立医学部合格を果たすMコース、1年でなにがなんでも […]

資料請求はこちら