訴訟リスクで産科医不足? 医療側には誤解も

人間にはミスがつきものなので、多少なりとも訴訟のリスクはありますが、特にリスクが高いと言われているのは産科です。

不規則な勤務時間に加え、訴訟リスクも原因で近年の産科医不足を招いていると言われています。産科医が不足すると産科での事故のリスクが増えますので、悪循環に陥ってしまします。

訴訟リスクで産科医不足? 医療側には誤解も

 本紙連載企画「はぐくむ-子育て王国の今」第1部の「産科医不足」(1月6日付)に、一つの意見が寄せられた。産科医不足の原因の一つとして「訴訟リスク」を挙げた記事を疑問視し、「患者と医師の話し合いにより医療紛争は早期に解決する」と訴える内容だった。意見を寄せた鳥取県医療問題弁護団共同代表の高橋真一弁護士(31)に、医療訴訟の実情を尋ねた。

http://www.nnn.co.jp/news/140202/20140202001.html


医学部関連ニュース

  • ベンチャー企業が新技術で新型コロナウイルスのワクチン開発

    新型コロナウイルスに対しては、ウイルスの遺伝子の一部や、人工的に作った「抗原」と呼ばれるたんぱく質を使う新しい技術によるワクチンの開発が進められています。 東京に本社がある「アイロムグループ」のバイオベンチャー企業、「I […]

医学部受験特集記事

  • 「節田佑介のレベルアップ!医学部の化学理論編」発売

    代官山メディカルの人気講師である「節田佑介」先生が,医学部受験生向けに参考書を出されました。 受験化学に必要な理論の分野(化学I・II)を7章61講に分類し、各講をLv.A(基礎)・B(標準)・C(応用)に分類。必要な知 […]

  • 「代官山メディカル」の石井学院長にお話を伺いました

    「代官山メディカル」の石井学院長に、予備校のカリキュラムや特色などについてお話を伺いました。 Q 「代官山メディカル」のカリキュラムの特徴を教えて下さい。  当校は難関私立医学部合格を果たすMコース、1年でなにがなんでも […]

資料請求はこちら